レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 政治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤生明「ドキュメント日本会議」レビュー

藤生明「ドキュメント日本会議」という本を読みました。菅野 完「日本会議の研究」と比べるとぐっと日本会議よりの立場で書かれた本だなと感じた。この本の読者は日本会議の椛島有三に良いイメージを持つのではないだろうか。
いろいろな意味でタブーになりつつある三島由紀夫の話もおもしろかった。いわゆる三島事件。東部方面総監益田兼利が三島にさるぐつわで拘束され人質にされるという失態は自衛隊の不名誉な歴史である。また三島がこの時の演説で自衛隊をアメリカからの軍隊と呼んだのも一部の権力者にとって隠したいところだろう。しかし三島由紀夫がはたして日本会議や現在の右翼に大きな影響をおよぼしているかは疑問に感じる。三島は有名人だったからさまざまな政治屋に利用されたにすぎないのではないか。
さらに朝日新聞社の記者ということで、いろいろ隠し事をしているのではないかと感じた。この本のエピローグで安倍政権を陰で牛耳るという日本会議表現はすぎたものだと言っているが、ならば実際に彼らが日本の政治で実現してきたものの原動力はなんなのか?朝日新聞に限らず日本の記者クラブメディアは強い政治力を持つ宗教団体や政治団体に都合の悪いことは報道しない。(もちろん自分たちに都合の悪いことも!)。
著者が朝日新聞社の方ということでいろいろと書けないことがあるのだろうなと感じた。いやもともと書く気もないのかもしれないが。しかしまさに日本の政治は裏でうごめく利益団体が動かしているのであり、それを新聞記者が書けないとしたら多くの日本人は自国の政治を知ることすらできない。放送禁止用語を含めさまざまな権力者や利益団体に都合のよいタブーをつくるのに忙しい記者クラブメディア。良識ある多くの日本人はくだらない規制を作ることにいそしむより、本当のことを報道して教えてほしいと思っているだろう。
スポンサーサイト

日本の左翼は宗教団体からの支持をめざせ。

2/9におこなわれた東京都知事選は無所属の舛添要一さんの圧勝でした。
舛添さんは無所属ということでしたが、自民党と公明党から応援されている事実上の与党候補でした。
対抗馬として元首相の細川護熙さんが出馬したのですが共産党候補の宇都宮さんにも敗れました。
細川さんは小沢一郎グループの支持も受け、反安倍左翼の旗頭になったようでした。
私は討論会で細川さんの言ってることを聞いて時代遅れだし、人間的な魅力カリスマに欠けるとつよく感じました。
細川さんは76歳というかなりの高齢なので当然かもしれません。
くわえて細川さんの言う脱原発、脱原発で経済成長という政策は実現性がとぼしいものだと感じました。
私は細川さんが政権交代可能な二大政党制を提唱した歴史的な政治家ということもあり期待していたのですが、期待外れでした。
細川さんは総理大臣をやったときも途中でにげだすようにやめたところをみると腹のすわった人物ではないのかもしれません。


私は日本の左翼が政権担当能力がなく選挙に弱いのは宗教団体を味方につけれる度量がないことにあるようなきがする。
左翼が歴史的に宗教団体から嫌われたのは共産主義というイデオロギーのせいもあるだろう。
日本の左翼は歴史的に中国共産党と親密な関係にあった。
日本の右翼、自民党はアメリカと親密な関係にあった。
中国は宗教を認めない共産主義というイデオロギーの国である、対照的にアメリカは宗教の自由をとても重んじる国だ。
そういう政治的力学からみれば日本の宗教団体としては中国がバックにいる左翼を支持できないのは当然かもしれない。
歴史的に見ても宗教は政権をとるうえでいろいろな意味で不可欠である。
徳のある人間でなければ国を安定して統治することはできない。
中国ですら最近は宗教を認めようという動きがあるようだ。
このままでは日本の左翼だけがぽつんと世界からとりのこされるかもしれない。

最近は安倍総理もある程度アメリカから距離をおくことをめざしているようだ。
安倍総理は北方領土問題の解決、靖国参拝などアメリカのいやがることをやっている。
アメリカのケネディ駐日大使は日本がいうことをきかないのでヒステリーをおこしているようにさえみえる。
日本の自立独立をめざせばアメリカから距離をおかざるをえなくなるのは当然だ。
同じように左翼陣営や民主党もこれからは変わっていかないといけないだろう。
左翼は古い共産主義イデオロギーから脱却しなければならない、脱中国だ。
宗教団体から支持してもらえるような政党にならなければ民主党の明日はない。
共産主義というイデオロギーにとらわれず宗教団体を受け入れるだけの器の大きさが必要なのだ。
政権担当能力を持ち魅力のある候補者をだすためにも宗教を理解できるだけの精神力、宗教団体の支持は必要不可欠だ。
最低限民主党にも創価学会を味方にできるくらいの度量がほしいものだ。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

先後するところを知る。

四書五経のひとつ大学第一章第一節最後に「先後するところを知ればすなわち道に近し」とあります。
日本のマスコミの政治関連記事を読んだり、Twitterで政治屋の発言を聞いているとよくこの言葉を思い出します。
日本のマスコミの記者や政治屋はもっともらしく政敵を非難しますが、独善的かつうすっぺらい内容が多いです。
この人たち本当に問題を解決する気があるんだろうかといつも思ってしまいます。

なにが大本なのか、なにが先でなにが後なのかをよく知ることで道に近づくことができる。
先後するところを知るとは、なにが一番大事なのかなにが根本なのか知るということです。
まず人間としていい心を持って生きること、徳のある人になることそれがまず第一です。
菜根譚に人は才があって徳がなければ、魑魅魍魎や妖怪が跋扈するはめになるとあります。
才あって徳なし、そういう人今日本でよく目に付きます。
いまの日本の政治シーン、脱原発や生活保護問題での政治屋の扇動を見ているとまさに魑魅魍魎や妖怪が跋扈しているような印象を受けます。
日本人が先後するところを知らなければ、日本の政治がよくなることはないでしょう。



大学第一章
大学之道、在明明徳、在親民、在止於至善、
知止而后有定、定而后能静、静而后能安、安而后能慮、慮而后能得、
物有本末、事有終始、知所先後則近道矣

参考サイト
Satobatake // さとばたけ〈since1749〉さんより引用
http://blogs.yahoo.co.jp/tendomaru2000/1383313.html

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

ビンラディン殺害事件、アメリカが情報操作か?

時事通信がアメリカが発表したビンラディンさん(以下敬省略)が殺害された際の記事を削除していることに気づいた。
Googleで検索してやっとその記事を引用して保存しているブログを見つけましたので、下に引用しておきます。

その記事では2日のブレナン米大統領補佐官の記者会見での発表から、アメリカ軍がビンラディンのいる邸宅を襲撃した時、妻がビンラディンをかばい身を呈して盾になって死んだとしていた。
記事がいつ発表されたものかはわかりませんが、ニコニコニュースで修正された記事が5月3日(火)6時15分配信となっています。
訂正された記事では人間の盾としてビンラディンをかばって死んだ女性は夫人ではなかったことになっています。
なぜ時事通信はこの記事を削除したのか?
私はビンラディンをかばって夫人が死んだという美談をアメリカが嫌ったのではないかと疑っています。
アメリカはビンラディンを悪逆非道のテロリストにしたいわけです。
これだけ短期間にマスコミを使って情報操作を行うことができるアメリカの力に驚きました。
アメリカCIAはおそらく今相当情報操作に神経をとがらせているのでしょう。
アメリカの情報操作とはすなわちいかに国際世論をアメリカ支持に誘導するかです。
アメリカは悪のテロリスト、ビンラディンに天誅を加えたアメリカ軍という構図をつくりたいはず。
それが国際世論をアメリカの味方につけることになるからです。

日本時間5月2日におきたパキスタンのイスラマバードで起きたアメリカ軍によるビンラディン襲撃事件。
米軍による情報公開は限られており、米軍が生け捕りにした生存者がいたのかなど謎も多い。
まだアメリカはビンラディンの死体画像も公開していない。
もし生存者がいればあとで真実があきらかになることもあるだろう。
事件の真相があきらかになる日はくるのだろうか。
アメリカは鎮魂の意味も含めて事件の真相をあきらかにして情報公開していただきたい。

○削除された記事

死亡女性は夫人=ビンラディン氏の「人間の盾」に米補佐官
【ワシントン時事】ブレナン米大統領補佐官(国土安保・テロ対策担当)は2日の記者会見で、国際テロ組織アルカイダの指導者ビンラディン容疑者に対する急襲作戦で死亡した女性は、同容疑者の夫人の一人で、容疑者の「人間の盾」となって殺害されたことを明らかにした。
 同補佐官は、「ビンラディンを銃撃からかばうため、盾として使われた女性がいたと聞いている」と説明。女性が夫人だったとの認識を示した。ただ、女性が強制的に盾にされたのか、自ら進んでビンラディン容疑者をかばったのかは不明だという。
また、急襲作戦で2人のほか、容疑者の兄弟2人と息子も死亡したと述べた。 (5月3日(火)6時15分ごろ配信か?)

 

○訂正された記事

パキスタン国内に支援態勢=米高官、首都近郊潜伏で疑念-ビンラディン容疑者殺害
【ワシントン時事】ブレナン米大統領補佐官(国土安保・テロ対策担当)は2日の記者会見で、国際テロ組織アルカイダの指導者ビンラディン容疑者がパキスタンの首都イスラマバード郊外に長期間潜伏していたことに関し、「パキスタン国内に支援態勢がなかったとは考えられない」と述べ、同国政府に説明を求めていく姿勢を示した。
 同補佐官は「首都の郊外にいたことが疑問をもたらすのは確かだ」と言明。米海軍特殊部隊が急襲作戦を完了し、パキスタン国外に出るまで同国政府に通知しなかったことも明らかにし、パキスタン政府に対する不信の深さを浮き彫りにした。
 また、ビンラディン容疑者の身元確認について、DNA鑑定などから「99.9%」確実だと言明する一方、「ビンラディン殺害を否定する根拠を誰にも与えないために全力を尽くす」として、遺体の写真公表などを含め、対策を検討中だと語った。
 急襲作戦では、ビンラディン容疑者のほか、兄弟2人と息子1人、女性が死亡した。ブレナン補佐官は会見で、この女性が容疑者の夫人の1人で、「人間の盾」として使われたとの見方を示したが、政府高官はその後、複数のメディアに対しこれを否定、死亡した女性は夫人ではなく、夫人は負傷したと修正した。(2011/05/03-12:29)

テーマ : 今日のニュース
ジャンル : ニュース

自民党日本の主権をアメリカに売り渡していた。

読売新聞より引用
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに

日米地位協定の前身にあたる日米行政協定で、日本に駐留する米兵らの犯罪について、米側に実質的に裁判権を譲るとした日米間の「秘密合意」が存在したことが10日、外務省の調査で明らかになった。
日米行政協定では、米兵らの公務外の犯罪は日本に裁判権があると規定していたが、研究者らが米国の公文書で秘密合意の存在を発見、指摘してきた。日本側でこの点が判明したのは初めて。
文書は、1958年10月4日に当時の岸信介首相、藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使らが日米安全保障条約の改定交渉をした際の「会談録」。外務省が昨年、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関して調査した際に見つかった。
この中で、マッカーサー大使は、日米行政協定の改定をめぐって開かれた53年10月28日の日米合同委員会の議事録に、米兵の公務外での犯罪について、「日本側は裁判権の行使を譲る」と記録されていることを指摘。大使は「公にして差し支えないなら、甚だ好都合である」と日本側に公表するよう求めたが、日本側が応じなかった経緯が記録されている。この結果、裁判権の放棄は、秘密合意のまま維持されたとみられる。
駐留米兵の犯罪をめぐる裁判権の所在は、駐留国の主権にかかわる問題ととらえられてきた。韓国でも朝鮮戦争後、裁判権を米軍が事実上握り、米側に有利な状態が続いたことで国民の不満が高まった。
在日米軍をめぐっては、国際問題研究者の新原昭治氏が2008年、米国の国立公文書館で、日本側が日米合同委員会で「日本に著しく重要と考える事件以外では、裁判権を行使するつもりがない」との見解を示した文書を発見した。今回の文書はこれに符合する。
日米間の「密約」を検証した外務省有識者委員会の坂元一哉阪大教授は、「外務省の他の文書などから、この日米申し合わせは、60年の安保改定時も引き継がれたと理解している」と指摘し、60年に発効した日米地位協定下でも適用された、との見方を示す。現在は米兵が日本で起訴される例はあるが、「法務省の統計上、米兵の起訴率は同じ犯罪での日本人の起訴率より低い」との分析がある。
(2010年4月10日14時31分 読売新聞)


<ここから助兵衛の記事>
政権交代による情報公開で自民党のとんでもない売国奴っぷりがあきらかになった。
非核三原則もインチキだったということがわかってきたし、鳩山政権が意欲的に取り組む情報公開により本当の昭和史をあきらかにするという成果を挙げている。
讀賣新聞すげーな、たまにはいい記事書くよ。
日本の裁判権の放棄という密約の公表を求めるアメリカの大使にたいして、日本側(おそらく岸信介首相)が公表を拒否するなど生々しい会談の様子を伝えている。

今回あきらかになったのは、自民党の政治家安倍晋三元首相の祖父岸信介首相が日本の主権をアメリカに売り渡していたという密約だ。
岸信介首相は密約で米兵に対する裁判権を重要事件以外は放棄したのだ。
この米兵に対する裁判権の放棄は自民党政権が続いている限りつい最近まで行われていたのではないか。
自民党の工作員がよく民主党は中国に主権を委譲するつもりだとまったく根拠のない誹謗中傷をしているが、それは心理学で言うところの投影だろう。
自民党の工作員たちは自分たちが売国奴であるから他人も売国奴に見えてしょうがない。
自民党こそ裁判権という日本の主権を外国に売り渡していた売国奴だったのだ。
自民党の犯した犯罪は、沖縄だけでなく日本全国にあるアメリカ軍基地を受け入れてきた地方自治体に対するとんでもない裏切り行為である。
自民党は裁判権を放棄するという主権放棄をいったいいつまで続けていたのか?。
2009年まで続いた自民党麻生内閣までアメリカに日本の主権を売り渡すという売国行為が続いていた可能性はきわめて高い。
自民党は参議院選挙前に自らが2009年まで行ってきた売国的なアメリカに対する主権委譲にたいしてしっかりと説明しなければならない。
自民党が再生するには過去の国民に対する自民党が行ってきた犯罪をまず認めて謝罪することからはじめなければならない。

テーマ : 自民党の腐敗
ジャンル : 政治・経済

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。