レーシック 視力回復手術 助兵衛の随筆 佞人マスコミ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相のクビ取り狙う記者の心理

BS11 INsideOUT 権力とメディア 世論誘導の実態(2010年02月24・25日放送分)より書き起こし
小西克哉 (国際教養大学客員教授) でもメディアは意図してそういうこと(魔女狩り報道)をやっているとは口が裂けても言わないだろうし、おそらくそういうことはやってないんだろうけど。結果としてそういうことになりかねないということですか。

金子秀敏 (毎日新聞論説委員) いや気持ちはそうでしょ。できるだけ自分のとってきたニュースを大きく扱われたい。社会的影響を大きくしたい。だったら一番大きいのは辞任ですよね。いわゆるクビ取り報道。たとえば総理大臣辞任。これは最高。こんなおいしいものはない。


<ここから助兵衛の記事>
BS11のINsideOUT「権力とメディア 世論誘導の実態」で金子秀敏(毎日新聞論説委員)の話がとても興味深かった。(上記参照)
金子さんによるとマスコミの記者は自己顕示欲と出世欲をみたすために大げさでセンセーショナルな記事を書いて世論操作をねらうという。
記者がニュースの社会的影響を大きくしたいというのはまさに世論操作をしたいということだ。

今の鳩山首相はまさに視聴率を稼ごうとするマスコミの魔女狩り報道によって誹謗中傷されている。
多くの日本人がマスコミによって鳩山首相と小沢一郎幹事長にマイナスイメージをもつように洗脳され、民主党と内閣支持率が下がっているのは残念なことだ。
マスコミはセンセーショナルな報道をするためなら、火のないところに煙をたててみせる。
まさにマッチポンプ。
マスコミが今狙っているのは鳩山首相のクビ取り報道。
それは金子秀敏 (毎日新聞論説委員)によると、マスコミの記者にとって「これは最高、こんなおいしいものはない」わけだ。
鳩山首相にマスコミがやめろ、やめろと連呼しているのはそのためだ。
私利私欲のために日本の政治を無用に混乱させるマスコミの記者たち、まさに佞人である。
マスコミの記者のようなねじけた心をもつ佞人に日本の政治を牛耳られてはならない。
デマ報道ばかりのマスコミは日本の健全な世論形成にとって有害な存在である。
選挙で選ばれた国民の代表である総理大臣がマスコミの汚い世論操作により失脚させられるようなことはあってはならない。
われわれ国民にできることはマスコミのデマに踊らされないことだけのようだ。

動画リンク BS11 INsideOUT「権力とメディア 世論誘導の実態」:三井環氏(3)
http://www.youtube.com/watch?v=J8EVEBOW0hM&feature=related
スポンサーサイト

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

CIAの手先になっていた読売グループ

1950年代のある時期、読売グループのすべての記者約五千人がアメリカCIAから資金提供を受けて反共諜報活動に参加していた。
有馬哲夫氏(早稲田大学教授、社会学者)の著書「原発・正力・CIA」にのっているエピソードだ。
有馬哲夫氏はアメリカの公文書からその記述を発見した。
CIAは読売グループ(正力松太郎)に日本共産党を叩くことを依頼し、正力はそれを承諾した。
読売グループは昔からグループ一丸となって日本人を洗脳し、世論操作をしてきた。
この歴史的事実を知っている日本人はどれくらいいるだろうか?

マスコミの記者は建前では公正中立などといいながら、その実体はCIAのようなブラックプロパガンダ(虚偽の情報、誹謗中傷を使った広報活動)を行う諜報機関の手下になることもあったのである。
読売グループのオーナー正力松太郎は、CIAの工作活動に協力するみかえりにアメリカから金をもらったりマイクロ波通信網などさまざまな便宜をはかってもらった。
正力松太郎自身、攻撃的な反共産主義者だったのでCIAの反共産主義活動に協力するのは自然なことだったかもしれない。
反共産活動に関する費用はすべてCIAがだしてくれたのでわたりに船だっただろう。

有馬哲夫氏の「原発・正力・CIA」であきらかにされたのは1950年代CIAがいかに日本の世論操作をしたかということである。
CIAは対日世論工作をするにあたって、数ある日本のマスコミでもっとも中央集権的な読売グループを選んだ。
読売グループの記者はCIAの工作員となり、反共活動や情報収集、有力政治家への諜報活動を行ったのだ。
今も読売グループは渡辺恒雄会長が政界に大きな影響力をもつフィクサーとして知られている。
主筆、代表取締役会長と二つの肩書きをもつ渡辺恒雄会長は、読売グループの編集権と経営権を一人で独占していると批判されている。
いまだに読売グループは中央集権的な組織のままなのだろう。

われわれマスコミの利用者たる一般人はこういった歴史的事実を知っておくべきだと思う。
つまりマスコミはCIAのようなブラックプロパガンダを行うアメリカの諜報機関の手下になることもあるのだ。
マスコミは自分たちの利益のために虚偽の情報を流したり、政敵を誹謗中傷をすることを忘れてはならない。
日本のマスコミは自主規制ルールすら守らない集団なのでCIAよりも凶悪なブラックプロパガンダを展開することもたびたびである。
日本のマスコミの報道は怪文書を日本全国にばらまいているようなものであり、日本人の健全な世論形成にはなはだ有害である。
日本のマスコミの記者はジャーナリストではなく、日本人を洗脳する諜報工作員である。
2010年現在いまだにマスコミの記者たちは日本人を洗脳し世論操作しようと必死である。
マスコミの記者たちの本当の目的は自分たちに都合のいいように視聴者を洗脳して日本人の心を支配することだ。
日本人の心を支配しているということが、マスコミの権力と富の源泉なのである。
どうもわれわれ日本人はマスコミの言うことを信じすぎるきらいがあり、マスコミの木偶になっている気がする。

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

NHK激震マスメディア、最後に佐々木俊尚が爆弾発言!

NHKが2010年3月22日に放送していた「激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~」という番組がなかなか興味深かった。
この番組は新聞、テレビ、インターネットのマスコミ関係者や学者、ジャーナリストをゲストによんでの討論番組だ。
NHKは今流行のTwitterを使って視聴者からの意見を募集、番組内で紹介していた。
私がTwitterでフォローしている人もこの番組についてつぶやいている人が多かった。
Twitterからはソフトバンクの孫正義さんの「マスメディア側から、ネットは専門性に欠ける、プロでは無いというのは、失言ですね。」というつぶやきなどが紹介されていた。

ジャーナリストの間ではなぜNHKがこんな猛烈な批判を浴びかねない討論番組を企画したのかと話題になったようだ。
マスコミの内部の一部の人間にもこのままだと組織がつぶれるかもしれないという相当な危機感があるのかもしれない。
ゲストとしてよばれていたジャーナリストの佐々木俊尚さんが最後に「マスメディアが世論を形成しようとするのは傲慢で、ネットが普及したことにより日本人がそこで議論をして世論が形成されるという本来の民主主義の形にもどっている」という内容のことをおっしゃったことに共感した。
拙ブログでもニコニコ動画やUstreamを使ってインターネットで企画されている討論番組は自由に建設的な議論ができてすばらしいと指摘してきた。
たしかにインターネットという自由な空間で日本人が自由に議論できるようになりはじめたのは事実だ。
インターネットで識者が自由な討論をしているのを見ると、いかにマスコミや霞ヶ関が情報操作をして国民に本当のことを知らせないようにしてきたかということを思い知らされる。
逆にマスコミは討論番組は世論操作ができないのでやりたがらない、テレビ朝日のサンデープロジェクトも今年度いっぱいで打ち切りが決まった。

私はジャーナリストの佐々木俊尚さんが番組で最後にいったことが日本の問題点をずばりついていると思う。
「マスメディアが悪質な世論操作をしている」、「日本人が自由に議論できる場がない。」
最近またマスコミが行っている世論調査で鳩山内閣の支持率が下がったとさかんに報道しているが、まさにこれこそマスメディアの悪質な世論操作の賜物である。
マスコミは言葉巧みに扇動して日本人に自分で自分の首を絞めるように仕向けるというあたかも曲芸のごとき報道を談合してやっている。
日本のマスコミはジャーナリズムのプロではなく、愚民扇動のプロ、プロの詐欺師というのがその本質に近い。
ただし再三言っているが、日本人自体にも問題があって政治にあまり関心がないせいで、マスコミに扇動されやすい。
私は日本人の間には政治に関心をもつことさえタブーとされる空気があると感じる。
たしかにインターネットで自由には議論はできるが、これを視聴したり参加している人はまだまだ少数であり、インターネットでの議論が世論形成をしているとは言いがたい。
まだまだマスコミが談合して行っている洗脳報道は健在であり、おおいに機能している。
日本のマスコミ改革、日本人のメディアリテラシー向上はまだまだはじまったばかりではないでしょうか。


関連記事
助兵衛の随筆「自由な討論がすばらしいニコ生激論」
助兵衛の随筆「日本人はコンセンサスがとれるようになるか」

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

日本の主人公は誰?

禅の書である無門関に瑞巌主人公という公案がある。
昔中国の瑞巌師彦禅師という僧が毎日自分に「おい主人公」「ちゃんと起きているか?」「他人に騙されていないか」と問いかけ、それに「はい」「はい、はい」と自分で答えていたというお話です。
お坊さんが自分に問いかけ、それに自分で答えるという姿はユーモラスです。
現代の日本人の目にはあぶない人とうつるかもしれません。
私は禅師がお弟子さんに仏の道を教えるためのパフォーマンスだったのではないかと思っています。

私はこの話にわれわれ日本人はおおいに学ぶところがあるのではないかと思います。
私は瑞巌師彦禅師は毎日自分の心に呼びかけていたのだと思います。
人間は自分の心をおろそかにして、金や名誉、世間体といった外面のことばかり気にしすぎてしまう。
自分の心を大切にして生きていることの尊さをしっている人は少ない。
瑞巌師彦禅師が伝えたかったのはそういうことではないでしょうか。

近年日本人のメディアリテラシーの低さが社会問題をひきおこし、自分で自分の首をしめているような喜劇的状態になっています。
日本人はマスコミの嘘報道が見抜けずに、簡単にマスコミに洗脳されてしまいます。
内閣支持率などの世論調査を見ると、あきらかにマスコミの論調に連動しています。
日本人はマスコミの誹謗中傷報道にだまされて付和雷同して鳩山政権不支持に傾いてしまっています。
論語に「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。」とありますが、まさにそのとおり。
天に通じた君子は自分をとりまく万物と調和し、まわりの人々とは和やかないい人間関係を築きますが、心の良くない人が発する虚言佞言に同調することはないのです。
先日私自身「政治家は悪だ。」という朝日新聞あたりがよくやるマスコミの報道に洗脳されていたことに気づき驚きました。
情報を一方的に大量に伝達することができるマスコミの洗脳力はすさまじく、洗脳されている人間はなかなか自覚できないものなのです。
われわれ現代日本人も瑞巌師彦禅師のようにと毎日自分の心にに問いかけ、自問自答したほうがいいかもしれません。
「おい、主人公!ちゃんと起きているか。」「読売新聞に騙されていないか?」「朝日新聞に騙されていないか?」なんてのはどうですか。
「上善は水の如し」人が本来持っているみずみずしい心を日本人が取り戻せば、真に自分の人生を主人公として生きていけるようになると思います。
日本人が自分の心を大切に生きるようになれば、マスコミの嘘にだまされることもなくなるでしょう。
マスコミに限らず他人の言うことを気にしすぎるのは日本人の悪いクセです。
日本の主人公はマスコミではありません、日本に生きるひとりひとりの日本人です。

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

愛子様不登校報道は子どもへの虐待ではないか

SANKEI EXPRESSより引用
学校に行けない愛子さま 宮内庁 異例の発表

皇太子ご夫妻の長女で、学習院初等科(東京都新宿区)2年の愛子さま(8)が今週に入り、通学時に強い不安感と腹痛など体の不調を訴え、学校を休まれていることが5日、分かった。宮内庁の野村一成東宮大夫(69)が定例記者会見で明らかにしたもので、「学校で同学年の複数の男児から乱暴な振る舞いを受けたため」と述べた。


<ここから助兵衛の記事>
愛子様不登校問題で産経新聞が宮内庁の犬まるだしの論調だったのに失笑した。
霞ヶ関の官僚とマスコミが一体となって民間人をリンチにかけるいつもの構図がそこにある。
宮内庁の野村一成東宮大夫(69)の記者会見をうけての産経新聞の報道は学習院の子どもへの虐待ではないのか。
今のところ宮内庁と学習院が発表している事実を見ると、学習院の対応はまったく問題がないにもかかわらず産経新聞は学習院にたいしてイメージダウンするようないやがらせ記事を書いている。
ほとんどなんの罪もないのに産経新聞はじめマスコミによるリンチを学習院の子どもたちは受けている。
宮内庁の野村一成東宮大夫がなぜこんなことを記者会見で言ったのか理解に苦しむ。
70才ちかい年齢の野村一成さんは東宮大夫をするだけの見識や能力がないのではないか。
これほど高齢の人間が国家公務員として高い地位についていることにも驚いた。
宮内庁は日本の社会常識から大きく外れた組織になっている。
まだ事実関係もあきらかになっていないようだし、この問題は記者会見でマスコミに発表すべきものではない。

私は今回の宮内庁の野村一成東宮大夫の定例記者会見での発表は、愛子様の不登校問題の責任を学習院に押し付けたものではないかと感じる。
その宮内庁の手先になっているのが産経新聞だ。
新聞と官僚の癒着が恥ずかしげもなくこれほど露骨になっていることにおどろいた。
今年2月には天皇陛下がノロウイルスに感染するという大事件もあったが、宮内庁が原因を調査したという話は聞こえてこない。
宮内庁の役人は天皇陛下のご威光をいいことに無責任体質が蔓延しているのではないか。
愛子様不登校問題の責任は宮内庁のほうにこそあるのではないか。

テーマ : メディア・リテラシー
ジャンル : ニュース

sidetitleプロフィールsidetitle

怒助兵衛

Author:怒助兵衛
エッセイスト。
随筆はじめました。
マスコミが書けないタブー書きます。
政治経済、歴史、娯楽など気の向くままに随筆を書いていきます

Twitterもやってます。
@ikari_sukebei

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleランキングsidetitle
応援クリックおねがいします。
fc2ranking
ブログランキングバナー
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleNinjaアクセス解析sidetitle
Ninjaアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。